Indeedからの応募を増やす求人の書き方とは?

Indeedからの応募を増やす求人の書き方とは?タイトルイメージ

昨今、採用活動を行う際に掲載が欠かせないのが求人検索大手のIndeedだ。しかしIndeedには毎日数千もの求人が新たに掲載されており、その中での露出や候補者の目に留まる機会は限られている。目的とする人材を獲得するためには、どのような求人を作成し、どのように運用すれば良いのか?Indeedで応募を増やすための方法を解説する。

そもそもIndeedって?

Indeed(インディード)は、2004年に米国で設立され、2009年より日本でも運営を開始した求人情報専門の「検索エンジン」である。

最近では、テレビCMなども多数放映され、人事や採用を担当している方であれば「Indeed」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないだろうか。

採用活動を行う上でこのIndeedの活用は避けては通れないだろう。しかし、中には「Indeedの仕組みやその活用方法」を、あまり理解されていない方も多いのではないだろうか。

Indeedの仕組みは、Web上にある様々な求人サイトや採用サイト等で公開されている求人情報を、クローラーと呼ばれるロボットが自動収集しIndeedに無料で掲載、検索できるようにしている。そのため、一般的な大手転職サイトなどと違い膨大な情報量が掲載されることになるのだ。

このような仕組みにより、Indeedには毎日数千件もの新しい求人広告が投稿されるといわれている。そのため無料で掲載する求人は掲載から日数が経過するにつれ注目され難くなってしまう。

そこで用意されているのが、有料のスポンサー求人広告だ。これは検索結果の画面に求人が目立つ位置に表示されるようにする仕組みで、クリック毎に課金が発生する求人広告だ。

「じゃあ、やっぱりIndeedは課金しないと効果が出ないのでは?」と考えるかもしれない。しかし、もちろんクリック単価の大きいものから表示回数が増えはするが、実はIndeedでは課金だけではなく求職者の求める内容に近いものを判断し上位表示させる機能がある。そして、これは課金額以上に原稿の表示順位に大きく影響する。

つまり、求人の書き方を見直し「求職者へ最適な情報の提供」を行っていれば、効果に繋げられるのである。

採用サイトや求人を作成できる「アットカンパニークラウド」でも、Indeedへの自動連携機能を搭載している。セルフ運用型の採用支援ツールのため、求人の反応を確認しながら自分たちで自由に見直し修正することができる。
無料で使えるフリープランもあるので、「料金プラン」をご確認いただきIndeed掲載を実際に試してみてはいかがだろうか。

魅力的な求人広告にするために

ターゲットと目的は明確に

求人を作る前にはどんな人が欲しいのか、何を基準に採用するのかを採用担当者の中で明確にしておく必要がある。

そもそも求人広告は採用企業と求職者をつなぐスタート地点に過ぎない。
単に応募が集まればよい訳ではなく、企業にも求職者にもメリットがあるようなWin-Winの出会いにする必要がある。そのためには「どんな人が欲しいのか」「自分達はその人にどのような価値を提供できるのか」を精査しておく必要がある。

嘘や誇大表現は避け、事実を正確に伝える

あからさまな嘘を掲載するのはもちろんいけない。それ以外にも例えば、昇給制度についての記載で、実際には100人中1人だけのレアケースにも関わらず「昇給制度がありますので、すぐ月収●万円以上になります」という誇大表現を出した場合、入社後にそれが判明して辞めてしまう可能性もある。

こういった嘘や誇大表現は、仮に採用出来たとしてもトラブルの元になりかねないので避けるべきであろう。

マイナスな情報を隠したくなることはあるかもしれないが、むしろ正直に伝えることで信用に繋がる場合もある。会社としては公表したくないようなことこそ、正直に書いた分だけ求人情報の信憑性が高まり、書いてあることが信用される。

そもそもマイナス面がない仕事は少ない。だからこそ、その部分をしっかり伝え、ミスマッチをなくすことで求職者にとっても掲載企業にとってもより良い出会いに繋げられるだろう。

Indeedで応募数を増やす求人の書き方

それでは、Indeedで応募に繋がりやすい求人とはどんなものだろうか。

求人を書く上で最も重要なことは「求職者が求人を読んだ時、知りたい情報を全て得られること」である。最初は難しいかもしれないが、出来るだけ詳細に具体的に内容を記載することが採用への近道なのだ。

では具体的に、どのような書き方をしていけばいいのかを解説していこう。

基本項目

まず原則として、Indeedでは1求人につき1職種×1勤務地というルールがある。
原稿内に「同時募集」や「B勤務地でも募集」などの記載があると非掲載になる場合があるので、気を付けたい。

また特に「給与」や「時間」「勤務地」などの必須項目を書く際は、勘違いが起きないよう「どこで、何時間働いて、いくらもらえるのか」を慎重かつ詳細に記載してほしい。

というのも面接の中で給与や待遇の詳細などについて掘り下げて質問するのが苦手な人が比較的多い。だからこそ、応募の時点で安心感を与えることはとても効果的なのである。

例えば給与に幅がある場合は「※給与の幅は経験や能力に応じます」「※前職給を考慮します」など、給与幅の理由を明記すると同時に、含んでいる手当と別途で支給する手当の内訳なども記載すると安心感に繋げられる。

また勤務地も出来るだけ詳細に番地まで記載するようにする。「大阪市」のように範囲が広いと、それだけで埋もれて検索に引っかかりにくくなってしまい、届いて欲しい求職者に求人が届かなくなってしまう。

掲載会社名も状況に応じて、会社名にするのか店舗名での募集にするのかを検討してほしい。例えば「ファーストリテイリングの店舗スタッフ」よりも「ユニクロ●●店の店舗スタッフ」の方が何の仕事か分かりやすいという場合がある。

これは状況にもよるため、一概にどちらが良いとは言えないが、知名度なども考慮して求職者の立場に立った表記を考えるべきである。

仕事内容

仕事内容は求職者が重視するポイントの1つだ。
実際に入社後、自分がどんなことをするのか、そのイメージを持たせるためにも詳細に書き記す必要がある。

例えば「営業職」の場合、仕事内容に「お客様の元へ訪問し、営業活動をしていただきます。」とだけ書いてあっても、これでは何を誰に向けて、どんな活動をするのか分からない。

扱っている商材やサービスに関する説明はもちろんのこと、訪問先は個人のお客様なのか、法人のお客様なのか、新規開拓なのか既存顧客への営業なのか、あるいはルート販売なのかなどまで記載されていなければ働くイメージは持てないだろう。

更には、ノルマの有無や募集背景、一緒に働くチームの人数、職場環境についてなど、実際に何をするのか、1日の流れが想像できるところまで、具体的な内容などを詳しく書くようにすることが大切だ。

そうすることで、他社の営業募集との違いや志望理由を明確に持つことができ、また採用後のミスマッチの防止にも繋がる。

応募要件

応募要件は多すぎず少なすぎず、本当に必要な資格や経験だけを精査して記載することが重要だ。

要件が多すぎると、対象となる求職者が少なくなってしまい応募にも繋がりにくくなる。また逆に必要な要件を記載していなければ、応募があっても採用には繋がらず、お互いに時間を無駄にすることになる。場合によっては「虚偽の内容を掲載している」と捉えられてしまうリスクもある。

求人に記載する際には、本当に必要な要件なのかを考えてほしい。

またIndeedには掲載にあたってのガイドラインがあり、それに違反している求人は非掲載となることもある。基本的には厚生労働省が公開しているルールに則っているので、それに沿った表現であれば問題はないが、以下のようなキーワードには特に注意してほしい。

  • 女性歓迎 → 女性に限定した募集と捉えられる可能性がある。
    ※「女性活躍中」「女性が多数在籍」などの表現で置き換え可。
  • 主婦歓迎 → 女性に限定した募集と捉えられる可能性がある。
    ※「主婦(主夫)」と記載すれば可。
  • 募集要件に健康状態を含むようなもの(「健康な方」のような表現)は禁止。
  • 年齢制限 → 原則禁止。
    ※記載する際は例外の規定を理解したうえで必ず理由を明記すること。
    例)「60歳以下(定年制の為)」「18歳以上(深夜業務がある為)」「40歳以下(省令3号のイ)」など

職種名

職種名は求職者が最初に目にする部分である。だからこそ、どのような仕事なのかが伝わるように、できるだけ簡潔で伝わりやすい表記を心掛ける必要がある。

例えば端的に「営業」とだけ書いてある求人では、実際にクリックしてみるまでそれが何の営業なのか分からない。だが「医療機器のルート営業」とすると、何をどんな風に販売する営業なのか、一覧の時点でイメージが湧きやすくなり、ミスマッチを防げるようになる。

資格名などをいれるのも効果的で「測量士」や「保育士」「看護師」などは、職種名に入れることで、募集要件をダイレクトに伝えることでき、資格保有者に届きやすくすると同時に無駄なクリックも防ぐことが出来るようになる。

またIndeedの特徴として、閲覧しているユーザーの9割はモバイル端末を使用している。つまりパソコンよりも画面が小さいことが多く、求人が一覧表示されている時、15字目以降は「…」で切れてしまっていることも多い

使用する端末や設定により切れる文字数は異なるが、読んで欲しいキーワードは最初の15字に入れるという意識をもって職種名を設定するべきだ。

更に特殊な社内用語や認知度の低い表現は避け、一般的な表現を使うことも心がけてほしい。

例えば、昨今IT業界でしばしば目にする「エバンジェリスト」という職種がある。最新のテクノロジーを大衆向けにわかりやすく解説し、啓蒙する仕事であるが、今のところ世間一般的に認知度の高い言葉ではないので、検索にもかかりにくく伝わりづらい。

原稿内の一部で使用するのは良いが、意図的にあえて対象者を絞るなどの例外を除き、一般的ではない言葉は職種名としては不適切と言えるだろう。

まとめ

今回の記事では、Indeedで応募がくる求人の書き方を解説してきた。

求人を作成する際には、求職者に「応募したい」「働いてみたい」「自分にもできるかも」と思ってもらえることがまず重要である。

そのためにまずは、求職者の目線に立って「何を知りたいと思っているか」を考えることが大切だ。一人では難しい場合は、他者に一度読んでもらい、伝えたいことが相手に伝わっているか確認するのも良いだろう。

求職者が自分がその会社で働いている姿をイメージしながら仕事を選ぶのと同様に、採用側も「どんな人に」「どんな仕事をしてもらうのか」をしっかりイメージしながら求人広告を書くことが、ミスマッチを減らし、結果的に良い採用を行う最大のコツなのである。

今回お伝えしたポイントを元に、実際に求人のIndeed掲載を試されてみてはいかがだろうか。「アットカンパニークラウド」なら、無料プランで作成した求人もIndeed連携が可能だ。この機会ぜひお試しいただきたい。
→ 無料で求人作成をはじめる